カフェ開業するなら

フランチャイズはむいているのか

カフェを開業するにあたり、2種類の方法があります。一つは個人店で経営をすることです。個人店の経営はフランチャイズと比べると場所代や備品や機器類、看板、リフォーム代ぐらいで、名前貸で一千万単位のお金を取られることはありません。ただし、店舗の確保や備品、機器、看板、開店前の広告などすべて自分で行わなくてはいけないため、経験と勘が必要になります。 その点フランチャイズは、開店準備から開店後の管理まで行ってくれますのでカフェを開業した経験がない人でも割と容易に取り組むことができます。ただし、フランチャイズは名前を貸したり開店準備や開店後の売上アップのためにアドバイスをくれるため、開業するには一千万単位でのお金がかかります。

それに類似するものは

カフェ以外のフランチャイズとしてはコンビニや学習塾などが挙げられます。これはカフェだけではなくコンビニにも言えることですが、駅前や人通りの多い道路沿いに開店することで収益を得ることができ、そこで働く店員の個性はそれほど関係ないと言えます。これに対して学習塾はその塾の個性が大事になります。有名なコンビニ店員というのはあまりいませんが、有名な講師というのはどこの場所にも存在します。もちろん場所もよほど辺鄙な場所であれば別ですが、駅前などの地価の高いところではなく、住宅地に作っても収益は挙げられます。