短時間での使用

シェアリングシステムの動向

近年、自動車離れが進んでいます。特に都会では、それが顕著です。都会は公共交通機関が充実しているため、自家用車の利用頻度が低く、わざわざ税金がかかる車を所持する必要性に乏しいからです。また、駐車スペースの確保が難しいといった点も要因の一つです。しかし、そうは言っても、レジャーや仕事のため一時的に車を必要とする可能性は、否定できません。そこで、最近では、自動車のシェアリングシステムが盛んになって来ました。これは、会員が毎月会費を払い、自動車を必要なときにだけ利用できるというサービスです。従来のレンタカーと違う点は、定期的な短時間の利用を想定しているという点です。メリットは、その都度利用契約を結ぶ必要がないこと、利用できる拠点が多いことです。その利便性の高さから、今後、車のシェアリングシステム市場は拡大していくと予測されます。

利用につき注意すべき点について

以上のように、車のシェアリングシステムは普及しつつありますが、注意すべき点があります。それは、毎月の利用回数や、利用時間によっては、レンタカーを借りるよりも高くなってしまう点です。レンタカーであれば、全く使わなければ、費用はゼロです。しかし、シェアリングシステムの場合は、会費を毎月支払って利用するシステムのため、全く使用しなくても、一定の費用が掛かります。また、短時間の利用を想定しているため、何日も借りる場合は、その利用料金が高くなってしまいます。 このように、車のシェアリングシステムはメリットがある分、デメリットもあります。したがって、自分の車を利用する頻度を計算し、自分に合ったサービスを利用することが重要になります。