タトゥー除去の注意点!施術を受ける前に知っておきたいこと

消したいのならタトゥー除去がおすすめ!どうやって消すのか知ろう

後悔しているのなら…

若気の至りでタトゥーを入れてしまった…と後悔している人は少なくありません。ほとんどの人は、タトゥー部分を隠して生活を送っています。しかし、中には他の人と同じようにプールや温泉などに行きたい、このまま隠し続けたくないという理由で消したいと思っている方もいます。そういった人は、思い切ってタトゥー除去を行なってみてはいかがでしょうか?

タトゥー除去の施術を受けるメリットとは?

  • 今まで行けなかったプールや温泉に行くことができる
  • 子どもがいるのなら、子どもと一緒に海などへ行っても目立たない
  • 今までタトゥーを隠していた生活にピリオドが打てる
  • 人の目が気にならなくなる
  • タトゥーを入れる前の状態に戻せる場合がある
  • パートナーにタトゥーを入れていたことがばれにくくなる
  • 簡単な施術で除去できるので体に負担がない
  • 施術による傷が残ることもないので、安心して受けられる
  • タトゥー除去の施術は、色々と種類があるので自分で選べる
  • 大きなタトゥーでもきれに消せる場合がある

タトゥー除去の注意点!施術を受ける前に知っておきたいこと

ナース

レーザーが主流

タトゥー除去の施術で主流なのは、ピコレーザーなどを使ったレーザー治療です。レーザー治療は、傷跡を残さずにタトゥーを消すことができます。ただし、一度だけで消えることはほとんどなく5回~6回ほど施術を受けて消えるといわれています。また、タトゥーに使っている色によっては完全に消えないので受けるときは、事前に担当医に相談しましょう。

女性

他にもいろいろとある

レーザー治療以外のタトゥー除去は、削皮・植皮・切除という方法があります。削皮は、タトゥーによっては一度で除去できる場合があります。しかし、やけどのような跡が残ることがあり、完治するまで時間がかかります。植皮は、1回の治療でタトゥー除去を行なえますが、移植する皮膚の部分に傷跡が残る可能性があります。切除も一度の治療でタトゥー除去が可能ですが、傷跡が残り広範囲のタトゥー除去には向いていません。

女医

デメリットも把握する

今のタトゥー除去の施術は、進化しているので昔に比べるときれいに消せるといわれている方法もあります。しかし、カラフルなタトゥーや大きなタトゥーとなれば、やはり消えにくいというのがあります。また、消えるにしても時間がかかったり、傷跡が残ったりするものもあるので、タトゥーを入れた代償があることを把握した上で施術を受けたほうがよいでしょう。

美容皮膚科などの医師にまずは相談を!タトゥー除去に最適な方法を見つける

タトゥー除去を行なうのなら、まずは東京など自分の住まいから近い美容皮膚科や美容外科の医師に相談することがおすすめです。一度相談すれば、タトゥーの状況を確認した上でどの方法がいいのか提案してもらうことができます。